プログラミング未経験者必見! パソコン嫌いな文系大学生だった私が、モバイルアプリを作れるようになるまで

プログラミング未経験者必見! パソコン嫌いな文系大学生だった私が、モバイルアプリを作れるようになるまで

※この記事はプログラミング未経験の方をメインとした記事となっております。

こんにちは、Apps Infoの代表のカミショーと申します。

この記事を読まれているという事はプログラミングスキルを身につけたい、
エンジニアになりたいといった方が多いのではないでしょうか。

私自身も大学2年生の時に将来は、フリーランスのエンジニアとして海外で働きたいと思って大学3年次を休学してフィリピンにて半年間エンジニア留学に行き、タイ・東京・名古屋でエンジニアとして長期インターンシップを行なっておりました。

ですが元々プログラミングができる才能があったとか、パソコンに詳しかったとかではありません。
むしろパソコンは大嫌いでした。(同じくApps Infoを運営しているおざやつばさちゃんは知っていますが笑)
大学も法学部で、さらに大学1年次のパソコンの授業の単位を落としてしまうくらいでした。。。

そんな私も今ではReact Native・Firebase・Ruby on Rails・PHPを扱うことができ、正社員のエンジニアが0人の企業で、長期インターンシップを行い自社サービスとしてモバイルアプリとWebサービスをリリースすることができるくらいまでになりました。

こういった経緯を辿った私がどのようにしてプログラミングを学ぶのが良いかをご紹介したいと思います。

こちらではプログラミングスクールをご紹介いたしますが、
金額に対してカリキュラムが相応か否か、私の基準で判断させていただきますので悪しからず。

良心的なプログラミングスクールがほとんどですが、やはりスクールの中には大したカリキュラムではないが、高額な受講料であるスクールもございますので注意書きをさせていただきました。

プログラミングオススメ勉強方法

独学

勉強法を見たいのに1番最初に「独学」を紹介されて驚いた方も多いのではないでしょうか。

ですが私は1番最初は独学をするべきだと考えます。中にはプログラミングに向いている、あるいは時頭が良い・大学で情報系の学部に所属している人はプログラミングスクールに通うまでがないと思います。

大学で専攻されている方は、プログラミングスクールよりも大学の方が専門性が高いので大学でしっかり学ぶ方が良いと言えます(Webアプリケーションやチーム開発、案件の取り方などを学びたい方は別としますが)

あとはなぜ独学を1番最初にやるべき理由は、プログラミングスクールの中には本1冊で学べる内容に対して数十万円を受講料とする企業様も実際に存在するからです。独学する事によりご自身で判断軸を持つことができるので判別が可能となりやすいことでしょう。

ご自身で判断が難しいようでしたら、すでにスクールに通われていた方や現役のエンジニアの方に相談するのも1つの手だと思います。

あとは独学だからと言ってC言語とかから始めるのはオススメしません笑
(どのエンジニアになりたいかにもよりますが)

私の経験上、Webエンジニアになりたい方でしたら
「気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる! 」がPHPを学ぶ上で役に立ちました。

ショッピングサイトのスクラッチ開発ですが、実際に決済とかの機能はないです。

しかしショッピングサイトの商品の注文個数を変更し、
総額料金を変更できたりカートの中身を編集できたりする事をPHPで学ぶことができました。

言語を学んだら次はフレームワークを学ぶことをオススメします。

ソフトウェアフレームワーク(英: softwareframework)とは、プログラミングにおいて、一般的な機能をもつ共通コードをユーザーが選択的に上書きしたり特化させたりすることで、ある特定の機能をもたせようとする抽象概念のことである。 単にフレームワークとも呼ばれる。


Wikipedia引用

簡単に要約すると同じような処理を一括りにしたのがフレームワークです。

例えばどのサイトにも会員登録やログインがありますね。その機能をプログラミング言語だけで開発するのは大変であるので、フレームワークとして用意されています。

あとはUdemyといった動画で学習できるサービスもオススメすることができます。

動画で学習できるけど、購入する動画の料金が安いのでオススメです
(逆にセールではない動画があるのかといったくらいいつもセールになってる気がする笑)

私自身もJavaScriptのフレームワークであるReact Nativeの勉強のために購入したことがあります。

先に述べますと独学の次の勉強法にプログラミングスクールをご紹介させていただきますが、仮にプログラミングスクールに行かれる方もUdemyを受講する事をオススメいたします。

理由としては最終的に自分はこんな技術がありますよこんなサービスが作れますよ。といった証明を転職・就職する時にしなければなりません。その時のポートフォリオのために用意していると転職・就職活動でうまくいく可能性が高まると思います。(実際に私も留学中に作成したサービスを面接で伺われました)

Udemyの動画で何をやれば良いかわからないと思う方に向けて、
まずはフロントエンドでのオススメのUdemyの講座を発見いたしましたので

下記にリンクを貼付させていただきますね。

フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門

↓他にもUdemyには魅力的な動画があるのでぜひチェックしてみてください

プログラミングスクール

続いてプログラミングスクールをご紹介させていただきます。

自分自身ではプログラミングの勉強は無理だ!自分は地頭が良くないほうだ!という方には、
プログラミングスクールはかなりオススメできます(笑)
なぜなら私自身がそういったタイプの人間だからです。

私はここまでプログラミングに何万回といったら盛った事になってしまうかもしれないですが、何千回と挫折してきました。初めてエンジニアとしてインターンした時は自分の実力の無さにより寝れなくなるくらいでした。(今となっては良い思い出ですが笑)

CodeCamp

プログラミングスクールとしてまず最初に推奨できるのはCodeCampさんです。
理由として1番強いのは現役エンジニアの方が指導してくれるからです。

スクールと実務の両方を私は経験しましたが、やはりかなりレベルが違います。
なのでエンジニアの実務経験がない方が教えているプログラミングスクールは話になりません。

きっぱり責任を持って言います。そんなスクールには通わない方でください。

CodeCampさんでは現役のエンジニアが教えてくださるという事なので、実際に実務レベルの事が聞けたり、会社で開発された事がある方が大半だと思うのでチーム開発のことであったり設計の部分も伺えるチャンスがあると思います。

なのでCodeCampさんをあげさせていただきました。
CodeCampさんのサイトはこちらから。

現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】

Tech Boost

次にTech Boostを紹介させていただきます。
紹介できる根拠としてはカリキュラムから判断させていただきました。

プログラミング言語だけでなくフレームワークも学習できる事に加えて、
Gitやデータベース設計を学べることから僕自身も魅力に感じたからです。

さらに学割も適用されるので社会人だけでなく学生の方にもオススメできます。
また無料説明会もこなっているそうなので、ご自身の目で見る事が良いと思います。
(百聞は一見に如かずなので)

と言いたいところですが、もしプログラミングスクールに通う事を考えていて、
そちらのスクールが無料説明会を行なっているのであれば、無料説明会は必ず参加してください。
やはりある程度の金額(受講料)が発生するので、絶対に自分の目で判断した方が良いと思います。

実際にこんな記事を書いている私がいうのはおかしいかもしませんが、インターネットだけで判断は難しいです。そして記事がアップロードされた以降であればキャンペーンが終わっている可能性やカリキュラムが変更されている可能性は大いにあり得ます。

この記事だけを鵜呑みにせずにご自身で判断してください。
上から目線で述べているように聞こえるかもしれませんが、受講料を払った後にプログラミングスキルをつけられる環境では無かったといったミスマッチを私は防ぎたいからです。

私がカリキュラムに魅力を感じたTech Boostさんのサイト・無料説明会はこちらから!

3ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】

実務

⬆️割と普段働いている姿に近い写真を頑張ってインターネットから探してきました(笑)

なんだかんだ言って実務が一番、実力つきます。

大学生であるなら(関東圏ならなお良し)Wantedlyで応募しまくって、なぜプログラミングスキルをつけたいか面談や面接で語る。そして話してみてワクワクした会社を選ぶ!以上!(笑)

これが1番だと思います。最近では名ばかりのインターンシップも登場してきてしまいましたが、ワクワクした会社を選ぶことによって楽しみながらスキルを得られる環境に身を置けることができるし、友人にもオススメできるからです。

すでに社会人をやられている方・または新卒として就職活動ををやられている方も共通することは、
やはり面談や面接で実際にその企業さんと話すことですね。話してみて自分とその企業がマッチングするかどうか判断できるので。

GEEK JOBを運営しているグルーヴ・ギア株式会社さんにて未経験からプログラマーへの転職率95.1%!20代第二新卒/フリーター向け【GEEK JOB】と記載されていたので話を伺ってみるのも良いと思います。

記事としての根拠は弱いですが、オススメする理由はグルーヴ・ギア株式会社さんの親会社である株式会社Sun Asterisk(サンアスタリスク)(旧 : Framgia)で知人が務めていたり、プログラミングスクールを卒業後にそちらでエンジニアに務めた方が数人いるからです。(ベトナムとフィリピンにて)

なのでエンジニアとして転職を考えている方はGEEK JOBをオススメさせていただきます。

未経験からプログラマーへの転職率95.1%

最後に

最後となりましたが、やはり自分の人生なので選択は自分で行なってください。
どんな選択をするにせよ、私は責任を負うことができません。

ただプログラミングを学習しようとしている方の最適な解に近づけるように今後も調査を続け、私自身もプログラミングの勉強をし開発を行っていくので、そちらに関しても良い情報を提供できればなと思います。

いつかご一緒に仕事をできること、日本を変えていけることができる日を心待ちにしております。

ご質問やコメントがあれば、Apps Infoのお問い合わせページ(あっ、Apps Infoのお問い合わせページ作ってたっけ、、笑)またはTwitterやメッセンジャーでも可能な限りお答えしようと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

勉強カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。